副業の税金について市役所で聞いてきた

副業しようと考えた人は結構いると思う。
僕もしようと思ってる。
だけど税金のルールがよく分からなかった。
だから有給を利用して市役所の税務課に行って話を聞いてきた。
 
 
普通徴収と特別徴収があって、給与所得は特別徴収になる。そしてアルバイトの場合、何も申請しなければ特別徴収になる。特別徴収はメインの会社の方にまとめて通知が行く。
普通徴収は自分住民税を振り込むと言うことだ。
 
※ネットでの副業は雑所得だから自分で確定申告出来る。だからバレない。
 
まず普通徴収を選択しましょうとかネットには書かれてたりするけど、そんなサクッと自分で選べるものじゃないらしい。
 
まあ会社としても一々余分な手間描けたくないし、当たり前である。
 
知り合いの会社とかダブルワーカーの多いバイト先だったらそういう話も出来るかもしれないけど、ヤマトとかファミマとかだったら規模がでかいから、ただのバイト一人のためにめんどくさいことやりたがらないかもしれない。
ようはバイトしてみないとよく分からないということが分かった。
 
また特別徴収だったとしてすぐに会社にバレるかというとそうでもないらしい。住民税の決定通知書は控除項目などが見えないように圧着された形で会社に送られるので、会社が正確にどんな収入があるのか把握するのは難しいらしい。会社に分かるのはその人に対してどんだけ住民税が掛かるかということだけらしい。
 
人によって住民税の額は違い、それが株の収入なのか不動産収入なのか、別の何らかの控除があるのかよく分からないらしい。
 
だから仮に副業を疑われても、あくまで疑惑でしかなく、確かめる術がない。
勤務態度に問題なければどうにも出来ない。
 
何千人規模の会社で従業員一人一人の住民税まで一々確認してるのか僕は給与に係わる部署じゃないからよく分からないけど、余程自分から副業してるとか言わない限りばれない気がする。

筋トレこそガリガリのもやしが体重を増やす唯一の手段である

僕はこれまで痩せすぎに悩んできた。

結構食べてるのに全然太らない。

何ならデブと同じか多いくらい食べても太らない。

何でかずっと考えてきて、ようやく答えが分かった。

 

デブは才能であるということである。

要はデブになる才能を持っている人々(長いので以下ギフターズとしよう)は、食べた物を脂肪として体に蓄積出来る酵素なり腸内細菌なりを持っているのである。

 

これは耕作可能な面積の少ない島国日本では、割と飢饉とかの食糧危機になることが多かったので、少量の栄養を蓄えて置ける遺伝子を持つ人が生き残ってきたからだと思う。

 

本来僕のようなノンギフターズ=ガリは飽食な日本でこそ生き延びられるけど、江戸時代とかだと淘汰されてた可能性がある。

 

だからギフターズの人々は何食べても太る。

菓子パンだけ食べてても太る。

対して我々ノンギフターズ=ガリはそれが出来ない。

脂質の多い菓子パンをいくら食べても消化して吸収出来ず、ウンコとして排出される。

だから菓子パンやポテチばっか食べてたら、太るどころか痩せる。

 

じゃあ我々は体をデカく出来ないのかというと、どうやらそうでは無い。

 

筋トレしてプロテインを飲むと筋肉はデカくなるということが分かった。

筋肉は才能では無いということである。

 

どうやら筋トレの仕組みは、重たいモノを持ち続けるとそのままじゃ危険だからデカくなろうとするということのようだ。

 

ただ短期間だとデカくはならない。

なぜならデカくなるということは、余分に栄養を消費するという事で、本来は効率が悪い事だから出来れば小さい方が楽なのだ。だから継続的に負荷をかける必要がある。

 

工場で例えるなら、1月や2月の増産なら増員や設備の増設を行わないず、残業とか昼夜2交代、3交代勤務とかの運用で何とかしようとする。

増員や増設をすると固定費が増えるからだ。

しかし半年1年の増産となるとそうもいかない、三六オーバーするから増員しなければいけないし、それでも無理なら設備を増やすしかなくなる。

 

それと同じことが筋肉にも言えるということだ。

 

ただ負荷だけでなく、タンパク質と休みも必要である。

 

筋トレだけハードにしてタンパク質と休みを取らないとステロイドを摂取する前のジャック・ハンマーみたいになる。所謂ベットで女を抱いてる方がましという状態である。

 

 

あと筋トレだけでなく食事のとり方も変えた方が良い。

一度の食事量を増やしても、吸収出来る栄養の量には限界があるから結局ウンコになって出ていく。

だから食事量を増やすなら、食事の回数を増やした方が良い。

タンパク質も多めに取った方が良い。

 

少しずつではあるが僕は体重を増やしていくことが出来ている。

もし才能が無くて困っている人がいれば、努力すればいいと思う。

どうすれば時間を有効に使えるのか

余計な物を捨てる
書類とか含めて必要なもの以外捨てる。
残ったものの置き場を決める。
そうすれば、物を探す時間がなくなる。
そして捨てるか捨てないか迷うことも無くなり即座に何ても捨てれるようになり部屋散らからない。
時間も気力も余る。
 
日記・記録を付ける
何らか記録してないと忘れる。
何してたか見える化してないと自分の時間の使い方がよく分からない。
記録を付ければ少なくともどぶに捨ててる時間を知ることが出来る。
 
電話しない
これは本当に相手の時間も奪うからやめた方がいい。電話しながらブログ書くとか、勉強するというのも難しい。
電話の方がさっさと予定を組める時とか以外やめた方がいい。
掛かってきた側からしても用件が分からない。
長くなる話なのか、すぐ終わる話なのかも分からない。
 
 
金を使った方が効率的な場合もある
何でも無料でやろうとすると時間が掛かるし掛けた時間に対して効果が低いということがよくある。
例えば筋トレだったら家で腕立てし続けるより、ジムに通った方が強度の高いトレーニングが出来る。
ただし何でも金掛けてると無くなるので、吟味は必要である。
掛けるべき金と掛けるべきでない金の見極めが重要である。(それが難しい)
ポイントは得られる効果が変わらないかどうかだと思う。
3000円の美容院とQBハウスはそうクオリティーは変わらない。であればQBハウスのがいいとなる。
自分の欲しい情報や効果が明確で、無料だと時間があまりにも掛かると言うときは金払うべきである。
 
選択肢は減らす
人は毎日何かしら決断しながら生きている。
その度に気力を使ってる。
選択肢が増えれば増えるほど気力減ってく。
 
孤独を受け入れる 
友達からの誘いがあったとして、遊ぶ時間も金も正直ある。
だけど遊びに行くとしたら、ジムに行く時間を調整したり、洗濯とか掃除とかを先にしたり、考えることが増える。
そして金も余裕資金は貯蓄と投資に回し、切り崩さないことは絶対のルールになってる。
そう考えると誘いに応じると遣り繰りは面倒になる。
結果友達と遊ばなくなる。
やり取りが増えるのは志が似通った人とか、尊敬する人とかになってくる。
 
あと友達の話に影響受ける事が無くなり、自分のすべき事に集中出来る。
例えば家買ったとか子供出来たとか、そういうこと聞くと多少動揺する。
 
寝る時間を決める
家を出る時間は決めてた
それによって割と捗った。
どうやら寝る時間も決めてた方がいい
制約があった方が集中力は増す。

羨む時間も妬む時間も無い

昨日時間管理について書いた。

 

www.ar30money.com

 

何でこんな事書いたかと言うと、最近時間が無いと感じているからだ。

忙しいとかそういう意味では無い。

 

これまでお金を持っている人は、僕にとっては身近なものではなかった。

でもブログを始めてみて、数千万の資産を運用している同世代の人が結構いることを知った。

 

そういうブログを見つけると、ブログの最初の方に遡ってどんな感じで運用してきたのか見るのが癖なのだが、どういう心理でそうしているのか考えると要は僕はまだ「何か特別な要因があってこの人はこんなにお金持ってるんだ」と思いたいのである。

 

そんなこと一々考えるのは時間の無駄である。

彼らは多分学生時代から、若しくは新入社員の時からコツコツ蓄えてきたのである。

僕はキャバクラと風俗に通っていた。その違いである。至ってシンプルだ。

 

ボードで板足から外す時は雪に置いていると滑っていくので、雪に刺しておかなければいけないみたいだ。

初めの内はゆっくり滑っているから追いつけるだろうと思っていると、いつの間にかスピードが上がっていき、全力で走っても追いつけなくなる。

多分今の僕の状況はそんな感じである。

 

だからと言って僕がやるべきことが何か変わるかと言うと無いも変わらない。

節約して貯蓄にする。その内の幾らかを投資に回す。以上である。

誰かと比べる必要は全く無い。人と比べて勝ったの負けたのと考えるのは見栄であり、そんな考えは捨てた方が良い。余計なリスクを負う事になる。

 

僕が考えるべきは今お金が無かったとして、5年後10年後もお金が無くてもいいのかということである。

毎月の貯蓄は大したこと無くても、積み重なれば大きな差になる。

何もしなければ差はドンドン大きくなっていく。

地道に日々粛々と積み重ねていくことが大事である。

 

1カ月や2ヵ月では何も変わらないように見えても1年も経てば、結構効果は実感出来るし、社会人になると1年や2年はあっという間だ。

 

日々どう過ごすかが大事である。

クソみたいな嫉妬や羨望も時間の無駄である。

もしそういう気持ちが芽生えたら、具体的にどうすれば彼等のようになれるのか、今日から明日から何をしていく必要があるのかを考えなければいけない。

ぼんやり金が欲しいとか思っていても意味が無い。あくまでも具体的な行動である。

 

そうやって考えていくと本当に時間が無い。

時間は24時間しか無いし、気力も限られている。

愚痴を言う時間も勿体ないし、そんなことに気力を使いたくもない。

 

 

時間管理について

時間管理をどうするかは僕にとってずっと課題だった。
何度も同じ漫画を読み返したり、アニメやドラマを見たり、ネットサーフィンしたりオナニーに何時間も使ったり、ようするに時間をドブに捨ててた。明らかに情弱で貧乏人の習慣である。なるべくして貧乏になっていたわけだ。
今後もひょろひょろのモヤシみたいな貧乏投資家のままオナニーしながら老いて行くのであれば何も考え無くていいけど、そんな人生は嫌である。
 
最近は少しずつ効率的に動けるようにはなってきたが、まだまだクソのままだ。
まあそもそもプライベードにおいて、効率を求めると言うことが皆無だったので少し意識するだけでそれなりに効果はあるが、更に己を高めていくにはどうすればいいのかといことをずっと考えている。
 
ジム等強制力のある予定を突っ込めばスケジュール管理しやすくなる
家での筋トレだと自由度が高過ぎて、逆に集中出来ない。
ケツが決まらないので、ドンドン遅くなって他の予定を圧迫する
ジムだと営業時間や営業日が決まっているので、それに合わせて週単位で予定をたてれる。
ストレス発散や運動不足の解消を目的とするなら週1でもいいけど、筋肉をデカくする為には最低でも週3通う必要がある。週3でジムに通おうとしたら、結構スケジュールを管理する必要が出てくる。そうすると必然的にスケジュール管理能力が身に付く。
 
何かを捨てれば新しいことが入ってくる
言い方は違ったかも知れないけど、そんなことが夢を叶えるゾウに書いてあった。
これは真理だと思う。
最近物を探す時間が激減してから実感している。時間が削減出来るだけでなく、気力の消耗も防げるからだ。
 
 
隙間時間を利用する
僕の場合だと通勤時間が片道3,40分あるけど、音楽やテレビを見る以外につかえてなかった。
最近オーディオブックを買おうと思っている。これによりストレス無くインプットを増やせる。
まだ活用は出来てないが、文字を読み上げてくれるアプリも存在するので、Evernoteと併用すればインプットの効率を上げることが出来ると思っている。
 
 
アウトプットの質と量の向上について
この課題はまだ解決する方法が分からない。
正直7割8割で完璧を求めずアウトプットしてくのがいいんじゃないかと思う。
Evernote等に隙間時間で思い付いたことをメモしておいて、ホドホドに修正してアップするのがいい。これはアップしようか止めようかとか迷う時間は無駄なので今後は意識していきたいと思う。
 
 
家ではアウトプット、隙間時間にインプットと決めるのはどうか
主に英語の勉強についてになるけど、インプット(単語の暗記)は隙間時間でも出来る。アウトプット(過去問とか問題集)は隙間時間だと全然効率よく出来ない。わざわざ隙間時間でも出来るインプットを家でする必要は無い。だったらもう家ではアウトプットだけするとか決めれば集中力が増すような気がする。
 
 

2018年4月分の給与明細を受取りました

今月分は若干多いです。

食事代が下がっているのと、今月は残業が多かったからです。

とは言え、職場の飲み会とかGWの予定もあるので、そこまで余裕は無さそうです。

 

多少は積立に回せると思います。

 

まあマイナスにならない限りは良しとします。

 

f:id:mitu90723:20180414072516p:plain

そのティファニーに意味はあるのか

地元の友人からLineが来た。

GWの飲みの誘いだった。

 

どうせ実家に帰る予定だったのでOKした。

その後友人からのグループLineにて友人の1人が同棲中の彼女から喧嘩中だから行けるか分からないとメッセージが来た。

 

この友人の彼女は結構厳つい。

確か僕らとタメ、つまり29歳で今年30歳になる契約社員で、喧嘩の度にティファニーをねだるらしい。そして友人はティファニーのネックレスを買ってあげたらしい。

何ならクリスマスか誕生日かのプレゼントでも4,5万する時計をあげてたらしい。

 

更にその友人は財布を握られ、お小遣い制になっている。

話を聞く限りその彼女にがちゃんと家計を管理出来るのか疑問ではある。

昔は飲み会とキャバクラとヘルスが大好きで、飲み会ではいつもキラキラした笑顔ではしゃいでいたが、今ではお金が無いが口癖で飲み会を嫌がるらしい。可愛そうである。

 

僕は非モテだけどこの彼女はいらないと思った。

 

勤め人は時間を売ってお金を貰っている。そして時間は命である。つまり勤め人にとってお金は命みたいなもんである。

そのお金を自分を高める為でも無く、1円も生み出さないティファニーに消える。

婚約指輪とかだったらまだしも、ただのご機嫌取りのためのティファニーである。

 

自分を高める事に使えた時間もお金も彼女の為に消えてしまう。

 

ただ友人の気持ちも分かる。僕らはもうすぐ30歳、結婚に焦る年齢である。

「このティファニー娘を逃したらどうなるんだろう」

「もし振られたら次女の子紹介されるのはいつだろう」

そんな気持ちになるの分かる。

 

僕には友人に何かを言う権利は無い。

だけどそのティファニーに意味はあるのだろうか、そう思えてならない。