やる気が出ない日の乗りきり方

英語を勉強してて色々困難にぶち当たる事が有ると思うけど、最も多いのがやる気が出ない日が往々にしてあると言うことだ。
 
丁度昨日そうだった。
 
結果として、やる気が出なくなってから集中力を取り戻して1時間半程勉強してから寝たわけだけど
 
やる気が出ない日は誰にでもあるし、しかも1回や2回じゃないだろう。
 
仕事なり何なりやらなければならないことはどうしてもあるし、その上でコンスタントに勉強を継続していくのは結構難しい。
 
 
昨日はジムから帰って、いつもより追い込みすぎたので昼から夕方まで寝ていた。
1度そんな気分になると、何もする気が起きなくなる。
早朝勉強してはいたものの、日曜に1時間しかやらないのは少なすぎる。
「これでええんか」とおもいながらも動けない。そんな感じだった。
 
常の僕ならそのまま動画を見て寝ていただろうけど、モチベーションを維持する方などを学んだから分かるんだけど、そう言うときにそのまま何もせず終わってしまうと自己嫌悪してしまう。
そしてそれが勉強を継続出来なくなる原因になったりする。
そんでそんな事が何度かあると、どうせやっても無理とか思って自信を失ってく。
これは無意識の内にもそうなってく所が怖い。
 
 
そんな時どうすればいいのかと言うと、まず没頭性のある作業から手を付けると言うことである。
具体的には英単語からやるってことだ。
アホかと思うかもしれないけど、疲れてモチベーションか下がってる時にリスニングとかしても内容が頭に入ってこない。
集中も出来ない。
そうかと言って、リーディングもやりたくない。長い文章(TOEICには短い文章問題もあるけど)読みたくない。
だったらハードルを下げてやればいい。
単語帳を見て、パッと単語が出てこなかったヤツだけ書き取る。
これを30分なり一時間なりタイマー掛けてひたすらやる。
やり終える頃にはモチベーション戻ってたりする。そんでその後からならリスニングも出来たりする。
 
仮にリスニングやらなかったとしても、単語の幾つかは頭に残ってる事だろう。
何もせずに寝てしまったら残るものは自己嫌悪だけである。
 
他の方法としてはYouTubeでフォニックスの勉強でもしよう。15分以内には終る。
そして何かやった感は残る。
オススメは重森ちぐさと言う人の大人のフォニックスである。
フォニックスで検索すれば出てくる。
 
分かり易い上に可愛い。

禁煙生活Act.3 252日目

今日はジムで追い込みすぎた。
ベンチプレスは2週間ぶりだったから結構キツかった。
その上、チェストフライとチンニングもやったから昼から動けず夕方になってた。
 
午前中に英語の勉強は済ませていたのでそこまで罪悪感は無いけど、ここんとこ毎週図書館に行ってたから行かないとスッキリしない。
 
タバコを我慢するにはどうすれば良いか、タバコを止めようとする人で考えない人はいないと思う。
 
まずタバコを吸うことで自分は何を得られるのかを考える。
 
気分転換なのか、友人・知人と喋る時間が欲しいのか、人によって求めてる物は違うだろうけどそれがタバコ以外から得られれば吸わなくても平気なはずである。
 
吸いたさを我慢するというより他のものからタバコから得られる物と同様の満足を得られるから敢えて吸う必要も無いってことだ。
 
僕の場合は気分転換であるらしい。
そして、どうも何か口の中に味がしてればいいっぽい。
その上スースーしてればよりいい。
甘いよりは苦い感じのがいい。
みたいな感じである。前回禁煙が続いた理由と今回との類似性はイマイチ分からない。
それも考えて分かっておけば、よりいいかも知れない。
 
前回は筋トレもしてなかったし、ただ金を節約するために禁煙を始めたような気がする。思うにタバコのデメリットばかり考えていてもタバコは止めれない。
 
何かあったら吸ってしまう。
例えば酒飲んでる時とかである。
何でそれまで我慢出来ていたのに吸ってしまったのか、思い返せば金が貯まってきてたということもあったろうと思う。
 
先に述べた代わりの報酬を用意しておけばそんな時に耐えられる。

禁煙生活Act.3 251日目

気づけば8ヶ月を越えていた。

習慣について学ぶんだ事が活きている。

以前クリア出来なかった1年を超えたい。 

 

最近は吸わなくてもいい周期だ。

勉強にも慣れてきたからストレスを感じなくなってきているという事だと思う。

朝の寝覚めもと良くなってきた。

 

勉強も結構機械的に出来るようになってきた。

これは筋トレの経験が活かされてる。

音読の時とか8回くらいで面倒くせえと思い始めるんだけど、以前は諦めてたけど最近だと、「このキツくなってからのもう1回が大事なんやで!」と更に音読することが出来る。

11月17日 英語学習経過

勉強方法は公式問題集のやり込みだ。
3回くらい解いた後、リスニングはシャドーイングをして、ディクテーションをして書き取れなかった文を聞き取れるまで何度もリピートしながらシャドーイングして1周終わった。
リーディングは全ての文を10回ずつ音読して、品詞分解をして音読を5回くらいした。
そんな感じで1ヶ月以上やってたからそこそこ英語力が付いたと思ってた。
 
試験も近づいてきたので公式問題集4をやった。
1つの問題集をやり続けるのは結構過酷で飽きていたから、新しい問題集を解くのが前日から楽しみになるというだいぶイカれた心境だった。
 
TEST1の結果は以下の通り。 
リスニング60 リーディング66
やく600点
思ったより低くてショックだった。
7割くらいは出来るだろうと思っていたからだ。
特にリスニングが悪かったのはショックだ。
勉強したての時に65問は解けてたのに。
ただ前よりは確実に力は付いているような気はしている。
問題によってはもう少し取れたのかもしれない。
とは言え、現時点のスコアを知れたのは良かった。
今でこのスコアなら1月には更にアップ出来るとプラスに考えよう。
また見込みが甘かったのと、謙虚に勉強しようと言う気持ちになれた。
ちょっと自信を持ってはいたんだけど、結果がすべてだ。
地道に勉強していこう。
 
課題としてはリーディングがまだ最後まで解ききれなかったので、時間配分をもっと出来ようにしときたい。
part5と6で何分で解くのがいいのかよく分からなくなって何度も時計見たりして、時間をロスってた。
175問目くらいまでは出来た。最初に受けた時はpart7はほぼ勘だったと考えれば、少しは進歩したかも知れんけど最後まである程度根拠を持って解けるようになりたいもんである。
 

資産管理を怠っていたつけ、予定より大幅にマイナス

今日給与明細が配布されたので久々に資産推移とカード明細を見比べて見たら、大幅に赤字になってた。
今月の定期積立も出来ない。
まあギリギリ今月分の定期積立でしのげるけど、このままではまずい。
丁度来月はボーナス月なので、貯金体質に戻したい。
 
ここ数カ月資産推移を全く怠っていた。
もともと浪費癖があったのを忘れていた。
喉元過ぎれば熱さを忘れるとはよく言ったもんである。
 
予定に対してマイナスなだけでトータル的に見れば、少しずつ増えてるだけども、そういう問題じゃない。
僕の目的は経済的自由であることを忘れてはいけない。
ボーナスでマイナスを補填してるようじゃだめだ。
毎月の給与からしっかりと貯蓄出来るように支出を見直そう。

テレビを無くした事による変化

今週の月曜からテレビをクローゼットにしまった。

理由は日曜ダラダラと夕方から夜にかけて見てしまったからだ。

早朝と昼間に勉強していたし、夕方もやってたのでそこまで罪悪感は無かったけど目的も無くダラダラ見てるのは時間の無駄だと思ったのでしまった。

 

テレビを見る頻度自体は高く無いものの食事の時無音だと何か嫌なので、BGM替わりにしていたのだ。

ユーチューブとかもオススメとかで延々と動画が出てくるから見続けてしまう可能性はあるけど、自分で見たいものを見たい時に選択出来る。

テレビのダメなところは、番組の時間が決まっている所だ。

テレビを付けて見たい番組が何にもない時があるし、1時間後に面白そうな番組があるとそのままつけっぱなしにしてしまったりする。

 

見たいテレビが無くても、録画を見てしまったりするので、設置しておくだけで時間を無駄にする可能性がある。

そして別に知りたくも無い情報が多すぎる。不倫とか相撲協会がどうのとか炎上がどうこうとかだ。メンタリストのDAIGOによればこういう情報は見ると人の意志の力を奪ってく効果があってこういうネガティブな情報の後にCMを入れてくと視聴者がモノを買ってくれるから垂れ流してるらしい。

言われてみればそんなところはあるなという感じがする。

 

時間だけじゃ無くて、金も無駄にする危険性があるということだ。

こんなゴミみたいな情報ばかり垂れ流してアホなのかと思っていたけど、よく考えれば僕より遥かに頭のいい人たちが、人を依存させモノを買わせるために真面目に金と時間を掛けて調査して協議して作られてるのがテレビ番組である。

 

番組の構成とかCMのタイミングとかにも何かよく分からないけど意味があるはずで、多分大体がモノを買わせるように誘導しているはずである。

 

肝心の効果なんだけど実際の所そこまで変化があったのかと言えば、正直あまり実感していない。普段からそこまで見る方でもなかったからだ。

そういやテレビないなってなるぐらいである。

 

ただこうしてブログを更新出来ているし、ブログ以外でも何か文章を書いて考えている時間が出来てる事と、読書する時間が出来ていることを考えると効果はあるのかも知れない。

 

それに選択肢を減らしたことで、家ですることが勉強かユーチューブか読書かぐらいしか無い。だから勉強を選択する時に消費する意志の力が減るんじゃなかろうか。

その積み重ねは結構大きいんじゃなかろうか。

 

少なくとも12月のTOEIC試験まではテレビ無しで過ごしたい。

問題無ければNHKも解約して、永遠に見なくてもいい。

禁煙生活Act.3 236日目

習慣の力を読了した。

最後まで面白かった。

禁煙についても、応用は出来る。

 

習慣を変えるには、習慣の核となるループを見つけなければない。

習慣の核となるループとはきっかけ→ルーティン→報酬である。

禁煙しようとしてもそのアプローチは人によって異なる。

タバコに何を求めているかが人によって異なるからだ。

 

タバコを我慢するというだけでは禁煙は続かない。

なぜなら僕は禁煙半年を超えているけど未だに(というより今の方が最初より)吸いたい。ニコチンの影響だけで言えば、既にニコチンは体から完全に抜けている。

 

このタバコを吸いたくなるきっかけが何なのかをしる必要がある。

 

口寂しいだけなのか、(メンソールであれば)吸った後の爽快感が好きなのか、以前は食後に吸いたかった。けど今は食後だから吸いたいという事は無い。

 

車に乗っている時、考え事をしている時、手持ち無沙汰になった時に吸いたくなるのだろうか。であればちょっと前までは全然吸いたくなかったのはなぜなんだろうか。

暇な時間は幾らでもあったはずなのに別に吸いたくなかったし、タバコについて考えることすら無かった。

 

考えられることと言えば、英語の勉強を始めてからメッチャ吸いたくなったということだ。

頭を使うと吸いたくなるのだろうか。

それとも朝早起きしているから吸いたくなるのだろうか。

その2点が理由だとしたら、ストレスを感じた時に吸いたくなるという事だろうか。

 

だとしたらストレスを感じてタバコを吸った事によって得られる報酬とは何だろうか。

それに替わる報酬があればタバコを吸う必要は無くなる。

 

大学時代を思えば、講義が終わったら必ず喫煙所にいた。

休憩と気分転換が欲しいということだろうか。

であれば勉強の合間に休憩を挟めばいい。

軽くウォーキングをしてもいい。

 

タバコを吸うと頭が冴える気がするということもある。

実際なんかそんな効果がある物質が出るのは事実っぽい。

ただ依存するとニコチンが切れるとスッキリしないという感じになる。

 

それであれば替わる報酬はカフェインしか思い浮かばない。

カフェインにも頭が冴える効果があるっぽい。

だとしたら僕が今行っているカフェインカプセル配合のミンティアを食べるというアプローチは正しいのだろうか。その割にずっとタバコ吸いたいけども

 

チョコとかだとまた違うんだろうか。

僕の感覚的に何か考え事してる時は甘いモノよりもタバコとかコーヒーとか苦いモノが欲しくなるんだけども

 

タバコを止めた人で体調が悪くなったから止めたという人が結構いる。

例えば喘息とかだ。タバコを吸う事で苦痛があると人はタバコを吸わなくなるらしい。

まあ考えて見ればタバコを吸うのは、上記で書いたようにキッカケ→タバコ→報酬

があるからだけどそれはスッキリするとか快感があるからなわけで吸うと毎回電流が流れるとかだったら誰も吸わないはずである。そんなものは報酬では無い。

 

どっち道タバコを吸うという事は体に何か物質を入れて、それが自分にとって快感を得られるものだということである。

であれば、手あたり次第何かポジティブな影響を与えるモノを摂取することで、タバコを吸わないと良い事があると思うようになるようにする手もある。

 

自分がメッチャ美味しいと思う何かとか、他何かあるだろうか。

ミンティアだと口の爽快感が短時間しか続かないからより長時間続く何かとか

単純に爽快感を感じたいならマウスウォッシュでもいい。

 

色々試してみる事にしよう。