禁煙生活ACT.3 66日目

禁煙生活Act.3も2ヵ月を過ぎた。

基本的にタバコが吸いたくなることは無い。

それはタバコの匂いがしても、喫煙者が目の前に居ても同じである。

 

でも稀に吸いたくなることがある。

それはどんな時かと言うと、Vシネマを見ている時である。

要は「タバコかっこいい」ってなってる時である。

 

これに対し、禁煙を長続きさせる方法としては目的意識を持つことである。

僕の場合は筋トレをしてるし、肌のケアとかしているのでその効果が無駄になるようなことはしたくないという意識がある。

久々にタバコを吸うと美味さよりも吐き気の方が強いので、敢えて金を払って辛い思いをしてまで筋肉に悪い行為をする理由が見当たらない。

 

あとタバコのメリット・デメリットを考えるのも効果的かも知れない。

頭で考えてるだけでもいいけど、紙に書き出した方が効果的かも知れない。

メリットに対してデメリットが多すぎて、まあ今はまだ吸わなくていいかってなる。

ていうか、メリットらしいメリットは存在しない。

 

禁煙したくてもタバコを吸ってしまうという人は参考にしてみて下さい。

 

そして、上記のような事を更に体系化して分かり易く書いてあるのが、読むだけで絶対やめられる禁煙セラピーです。

 

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

 

 

まあ正直僕はこの本を読んでからも普通にタバコを吸っていたので、読むだけでやめられるかと言ったらやめれないけど、禁煙を続ける際のマインドセットは得られたから、すぐに効果があるかどうかは別としてある程度の効果は期待できる。

 

禁煙外来に通ったり禁煙グッズを買い漁ったりするぐらいなら、この本を一冊買った方が良い。

資産100万までの道のり その4

仕組みを作る
先にも書いたが、継続するには頑張らないことが大事である。
精神をガリガリ削りながら、節約しても長続きしない。長期的には破綻する。
僕は今買い物をほとんどしないけどそれは我慢してるんじゃなくて欲しいものがほとんど無いからで、欲しくもないものを買う必要が無い。
仕組みを先に作って習慣が付けば特に頑張らなくても必要なものやあった方が良いもの以外買わなくなる。
固定費を削るべきなのも、努力でなく仕組みだからで一度作ってしまえば自動で回るからである。要するに楽。努力が必要ない。
先取り貯金も同じ。そういう仕組みを整えれば、天引きされた分の残りのこんだけが使える金っていうのが分かりやすくなる。
 
ルールはシンプルに
毎日続けるとしたらゴチャゴチャ考えなければいけないものは続かない。
人は何かを選択する度に気力をもってかれるらしいので考える事も極力減らすようにしなければいけない。
どうすればよりシンプルで、何も考えずに出来るのかというのを考える。
実行する前に考えは済ましておき、実行する時はただ手を動かすだけの作業にすればいい。考えながら動くということを減らす。
 
 
今までの逆をやる
これまで金が貯まらなかったのなら、その習慣がクソだったと考えられる。
そのままの自分で、欲しいものを全て手に入れつつ金も貯まるなんて甘い話は無い。
 
タバコを止める。
夜更かししない。
部屋を片付ける。
日記を付ける。
筋トレする。
体をケアする。
ギャンブル止める。
二次会には参加しない。
 
等々これまでと逆を行けばいい。
最初は抵抗がかなりあるけど、物を無限に欲しがることも無くなり、精神的な満足を得られている。多少の成長を実感していたりする。それがあるから続くっていうのもある。
以前は渇く一方で、どうすれば自分の欲求を満たせるのかがよく分からなかったが、現在はコントロール出来るようになってきた。
 
 
 

資産100万までの道のり その3

家賃を下げ、携帯を格安SIMに変更し、保険を解約したとして、今まで金を貯める事が出来なかった人間が貯める事が出来るようになるかと言えばそんなことはない。

今までパチンコだの風俗だので散財してたゴミくずがすぐに変われるような甘い話はない。ただただ無駄遣い出来る金が増えただけである。

 

何かを決意するとテンションが上がったりするかも知れないけど、金を貯めるのは、生活に根付いたものである。特別な事でも何でもない。ただただ粛々と続けて行くのがいい。

 

 

 

頑張らない

頑張ったが挙句、自分へのご褒美というリバウンドが起こる。

3か月後に彼女の誕生日でプレゼントを用意しようとか短期間の話ではなく、長期で取組まなければいけない問題なのである。

だから初期段階で飛ばし過ぎて、カツカツの予算を組んではいけない。

後ろめたさを感じない程度に遊びを持たせると良い。

最悪ボーナスにさえ手を付けなければ金は貯まる。

 

記録を取る

継続するには記録する事が大事である。

金銭感覚を養う為でもある。

初期段階では月にいくらまでなら使えるのかイマイチ分からない。

僕の場合は未だに記録を付けながらでないと分からない。だからちょいちょい確認するようにしてる。

その月だけでなく、次月次々月の支出の予測も立てておく方が良い。

 

諦めない

時に(主に酒が入った時)、散財してしまうこともある。

そんな時自己嫌悪に陥り緊張の糸が切れて、節約生活が終わってしまうことがある。

別に今月ダメだったとしても、全てを投げ出してしまう事は無い。

来月から再スタートすればいい。

別に誰の為にやるわけでも無い。全て自分の為である。

ボチボチやっていけばいい。

上でも書いたが、最悪ボーナスにさえ手を付けなければ金は貯まるのである。

 

資産100万までの道のり その2

まずは100万貯める
これは習慣を作るためである
 
社会人になると使う金増える
と言うか今まで払って貰ってた生活費とかを払わなければいけなくなる
かつ奢ったり、送別会等の義理事が増える
 
一見使える金が増えた様に見える
今まで払って貰ってた分を自分で払うことになるので、学生時代同様に好き勝手生きてたらカツカツになる。
 
3回に1回は飲み会を断る
二次会には参加しない
ただし義理事には問答無用で参加する
これで付き合い悪いとは思われない
 
金を貯められない人(と言うかまあ僕のことだけど)の特徴として以下が上げられる。
 
継続出来ない
あれこれ手を出して、結局長続きしなかったり、深く考えずに金を使ったりする。
新しいものを次から次に欲しがり、精神的な満足は得られず、渇く一方でいくら金があっても足りない。
 
視野が狭い
基本的にその時その時の感情とかに左右される。長いスパンで物事を考えられない。
その日暮しだから時間についても無頓着である。
幾らでも時間があると思ってるくせに、英語の勉強とか筋トレとかナンパとか効果が出るまでに時間掛かるものは面倒くさがる。
だからギャンブルや風俗とか楽な方に行く。
 
すぐに答えを欲しがる
自分で考えようとせず、答えを聞きたがる、結論を急ぐ
FPとかに相談してる人とかが多分当てはまる。家計何て人に相談したところで、満足のいく回答が得られるわけない。
何を削って何を残すのか、どの組み合わせが一番満足度が高いのかは人による。
それに何が無駄なのか自分でわかってない時点でウンコである。無料の相談なんて行ったらカモにされる。
 
節約する習慣が身に付けば、自分が欲しいものは何か、どうすれば満足を得られるのか考えるようになる。
時間についても考え始める。
 
 
具体的にどうすれば節約出来るか
食費は削らないとしてじゃあ何を削ったら良いかと言うと、多くの人が言うように固定費を先に削るべきである。
 
家賃、携帯代、保険代である。
この中で一番手が付けやすいのが、携帯代である。その辺の家電量販店に行けば30分で格安SIMに変えられる。
どれが一番安いのかとかぐちゃぐちゃ言ってないでさっさと変えればいい。
ただ変える前に銀行に登録してあるアドレスをGmailとかに変えといた方がいい。
銀行はメールが届かないと、ネットバンキングが使えなくなる。
それ以外は追々変更してけばいい。
 
保険はまあ加入しなくていい。
したとしても一番安い最低限のヤツでいい。
そこそこデカイ会社だと保険の営業の人が毎週来てたりする。
解約する場合対面だと気まずかったりする。
だから直接話すのを避けてコールセンターに電話するといい。
かなりドライで事務的に話が進む。解約手続きが済むまでに営業から電話が来るかもしれないけど、シカトすればいい。
営業には解約手続きを止める事は出来ない。
シカトしてる間に手続きが終る。
 
 
家賃はまあ住んでる地域によっても違うし、独り身か結婚してるのかによっても違うから何とも言えないけど、取り敢えず不動産屋に行って一番安い物件を見せてくれと言えばいい。多分不動産屋は渋ってちょっと高めの物件を紹介してくるけど、ネットでもっと安い物件があったからそれを見せてくれと言えばいい。
兎に角安さを最も重視しているからと言って押し通せばいい。
入居初日に蛇口が壊れたりトイレが壊れたりするけど、管理会社がタダで直してくれるから心配しなくていい。

 

 

資産100万までの道のり その1

まずは100万を貯める。
これは大事な事だ。
100万は正直少ない。学生でもそれぐらい貯金してる人がいる。
 
だから社会人で100万無い人は学生以下のリテラシーしかない。
 
しかし、100万貯める過程で資産を増やしていく上で必要な習慣が身に付く。
 
ただ、学生より社会人の方が使う金が増える。
まず奢らなければならないシチュエーションが増えるし、出席しなければいけない飲み会もある。
 
100万無い人はそもそも金を貯める習慣がない。あればあっただけ使ってしまう。
それだけでなく、ギャンブルや風俗とかタバコとか金を使ってしまう悪習が身に付いてる場合も多い。僕はそうだった。
 
収入が増えても、習慣を変えなければ貯まらない。僕もそうだった。
 
月々はマイナスにさえならなければいい。ただボーナスに頼るのを止めるだけで貯金は劇的に増える。
 
削ってはならないのは食費だ。
ただ外食はやめた方がいい。

 

ビタミンやミネラルが取りにくいなら、サプリメントで全然問題ない。

毎日ブログを更新するにはどうしたらいいのか

毎日ブログを更新するにはどうしたらいいのか?
 
ブログ村の上位の人はほぼほぼ毎日ブログを更新してたりする。
 
これどうすれば出来るんだろうか?
 
今まで文章力の向上をすれば何とかなるのかと想っていた訳ですが、多分毎日更新しなければ、それも結構な量の文章を書かなければ、文章力は付かない。
 
その毎日更新するというのが、かなり難しい。こと投資・資産運用に限ると不可能だ。
というのも、正直毎日株の情報を調べたいほどには投資に興味ない。
株価を毎日確認しても投資出来る資金に限りがある。
多分毎日株の事をテーマにブログ書けてる人は、投資についてずっと考えてきた人々だから資産も多いし、自然興味もあるし、話題の引き出しも多いんだろう。
 
ただ僕には無理だ。
それでもブログを書くことは重要だと思っている。
 
であれば、自分に出来ることをやるべきである。
 
興味のあることをテーマにする
敢えて株に限る必要はない
株のこと考えてるより、その他の事考えてる時間のが多い。
それが自分の興味のあるテーマ言うことになる。
それか毎日やってることを書く。例えば禁煙、筋トレについて
 
繰返し同じようなこと書く
米国株ブログに限ったことか分からないけど、毎日異なる内容で無くてもいい。
導入部分が違うだけで、大体米国株がいいという内容かS&P500が良いということを繰返しているブログもある。
多分米国株ブログ界のサンデーサイレンス、バフェット太郎氏の影響がかなりある。
強烈なイデオロギーを持って主張されているから影響を受けている人がかなりいる。
濃淡の差はあれ相当の人が影響を受けている。
司馬遼太郎先生も異なる著書で似たような主張を繰り返してるし、ホリエモンも同じような主張を繰り返してたりするから多分それで良いんだと思う。別に同じ主張を何度もしちゃダメだというルールは無い。
 
何なら毎回落ちが分かっているぐらいの方が良いのかも知れない。笑点や新喜劇のように決まった型がある方が心地よい、それが日本人である。
 
 
 

禁煙生活Act.3 57日目

僕の禁煙生活は順調です。

 

禁煙しようとしている人で、副作用を気にする人は結構いると思います。

以下に代表的な禁煙の影響と僕の体感を書いていきます。

 

尋常でない眠気

僕は禁煙生活Act.1を始めて3週間目ぐらいで猛烈な眠気に襲われたような記憶があります。

昼食を食べた後が一番眠たいです。

携帯を眺めていたら、いつの間にか寝てたりします。手に持ってた携帯を落とす音で目覚めたりします。何かヤバいのか心配になるかも知れませんが、気にせず寝ましょう。

寝たらスッキリします。

何なら、もともと眠気を感じる所、タバコの影響で覚醒してただけなので、眠くなるのが自然みたいです。

しばらくするとそれも無くなります。

 

口内炎が出来る

これはどうなんでしょう。

確か僕も出来た記憶がありますが、食生活の影響なのか正直分かりません。

タバコ吸ってても口内炎になるみたいな記事があるので、どっちにしても出来得るものだと思います。

 

イライラする

禁断症状的な、浦安鉄筋家族の大鉄みたいな症状があるのかというと、あんまりないです。初めの1週間を過ぎるとイライラすることは僕の体感では無くなります。

どっちか言うと惰性で吸ってしまうみたいなのが多いと思います。

 

 

逆に禁煙する事でいい影響はあるのかと言うと、あります。

 

肌の調子が良くなる

これは間違いないです。何というか、明るさ的なモノが増す感じがします。

あと、唇とか歯茎の血色が良くなります。

多分喫煙してると肌にダメージ食らい続けてるんだろうなと思います。

その積み重ねで老ける。

 

体力が増す

これもあります。正直体力は増します。具体的には走れるようになります。

僕はランニングは嫌いなんですが、それでもタバコ吸ってた当時より走れる距離が伸びました。体力が増せば、気力も増します。

体力が無いと、色々面倒になります。筋トレとかも、今日は疲れてるからいいじゃんってなります。勉強とかも今日はいいじゃんってなります。

 

タバコ吸うか吸わんかは完全に個人の自由なので、喫煙所で吸ってる限りタバコの匂いが漂ってきても僕は気にならないのですが、メリットよりデメリットが多いというのは意識した方がいいでしょう。

タバコの依存性の高さを考えても明らかにヤバいモノを体に取り込んでるというのは事実だと思います。

 

金的にも健康的にもどうせ止めるなら早い方がいいです。

結婚したらとか子供が生まれたらとかでは無く、禁煙しようと思った時が止め時です。

外的要因で止めるより自ら止める方が納得感あります。

仮に禁煙が3日坊主で終わってしまったとしても別に損する訳でもないので、諦めずにまた続けたらいいと思います。

頑張りましょう。