私がVOOを保有している理由

 

 

 

長期投資の最適解の一つがS&P500インデックスを買い増しし続けるということだと思います。

 

私もバンガードのETFであるVOOを保有していて、今後も保有し買い増して行く予定です。

S&P500インデックス自体はIVVとかSPYとかあります。どれも資産総額も大きく信託報酬も低いので甲乙つけ難いのですがなぜVOOにしたのかというとバンガードのETFを保有するということはバンガードという会社を保有する事になるというのを何かのブログで見たからです。

 

まあそれ以外にもバフェット氏が勧めてたみたい記事を見たりしたのも理由ではありますが。

 

バンガードは非上場企業でバンガードの株を買う事は出来ません。

ETFを保有しただけでバンガードを保有出来るならいいなあと安直に思った訳ですが、どんな仕組みでそんなことになるのかまではよく分かっていませんでした。

 

バンガードはミューチュアルファンドというらしいです。

 

ミューチュアルファンドとは

ミューチュアルファンドは、米国の一般的な投資信託の通称で、複数の投資家が資金を提供し共同で運用を行う、オープンエンド型投資信託のことをいいます。また、オープンエンド型投資信託とは、請求により随時解約のできるファンドのことを指します。

一般にミューチュアルファンドには、「会社型(コーポレーション型)」と「契約型(トラスト型)」の2つのタイプがあり、米国では会社型が大半を占めているのに対して、日本では契約型が大半を占めています。通常、会社型においては、ファンドの運用目的のために設立された投資会社(株式会社組織で経営)に出資する形式となっており、投資家はその株式を買うことにより、株主としてファンドに投資することになります。一方で、契約型においては、投資家、販売会社、投資信託会社、信託銀行などの間の契約のもとに運用される形式となっており、投資家とファンドの設定者との間での契約により受益証券を買う仕組みとなっています。

 

iFinanceより 

 

とありますが、イマイチ分かりません。

要はVOOを買った場合、バンガードの株を買って株主としてVOOに投資するということになるという形式になるようです。

 

じゃあ他のETFは何なんだというとよく分からなくなってきます。

イマイチ疑問は解決していません。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村