VISAに投資する際の懸念

 

VISAについての懸念は業界そのものというか決済システムは色々出て来ており、モバイル決済市場には中国のアリババ・テンセント・バイドゥとかが参入してます。

そもそも今現在成長中の業界でもあるので、誰が覇者になるのかよく分からないし、(まあVISAか中国企業のどこかがだとは思いますが)ビットコインとかの仮想通貨が与える影響も読み切ることが出来ません。

 

そしてバフェット銘柄であることが不安にさせます。

バフェット氏が現在保有している事を安心する材料として紹介されていることがありますが、GEもIBMもバフェット氏が保有し続けていることが安心の根拠として語られていたわけで、結果として売り払われた挙句株価は下がってしまいました。

 

VISAがそうならないという保証はどこにもないと思います。

今の所はめっちゃ順調に株価が上がっているし配当も10年増配しているので売り払ったりしないと思いますが、1人のおじいちゃんの気まぐれに左右されるというのが不安ですね。

 

魅力的な銘柄には違いが無いので、どこかのタイミングで投資を検討したいとは思います。そして全くどこにも懸念材料の無い銘柄も無いとは思うので、そこまで気にすることも無いのかも知れません。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村