給料から先取りで貯金しようは有効なのか

 

結論から言うと別に有効じゃないです。(財形貯蓄であれば話は別として)

 

「私が〇〇円貯めた方法」みたいなので真っ先に出てくるのが、給料から先取りで貯金しようというものですが、そもそも貯金出来ないのは先取りで貯金していないからではなく収入より支出の方が多いからです。

 

私も社会人になりたての頃から自動引落としの設定はしてましたが、2016年の12月頃まで貯金はほぼ0でした。

一昔前の定期預金は窓口に行かなければ行けなかったので、下ろすまでのハードルが高く面倒だったので有効だったかもしれませんが

 今日日自動引落しの定期預金なんてネットで一瞬で解約出来ます。

 

貯金出来ている人は別に手段が何であれ貯金出来てます。

ただパッと見分かり易くするするため先取りで貯金してるだけです。(多分)

 

貯金をする為にまず取り組むべきは断固たる決意を持つことと、手取りから生活費を引いたら幾ら残るのかを把握することです。

 

それをしないと月の半ばぐらいで先取りした定期預金を解約することになります。

 

それか入社時点で財形に申込みそれに慣れるのが良いかも知れません。

他所の会社はしりませんが、私の会社では3月9月にしか積立の金額の変更が出来ないのでどの程度積立てるのか考える必要はあると思いますが、下ろすまでのハードルの高さから有効だと思います。

 

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村