VISAへの投資を検討

 

以前からVISAの株が欲しいとは思っていましたが、中国銀聯の台頭とか仮想通貨が与える影響とかイマイチ分からない事もありどうしようか迷っていました。

 

でもVISAの強みはブランド力とネットワーク効果にあり、それが失われなければ高い収益力は維持出来るんじゃないかと思う訳です。

 

現状VISAの世界シェアはNO1で、今後もクレジットカード決済を使える店が増える傾向にあることを考えればVISAを使える店も増えていくと考えられます。

カードを選ぶ側も使える店が多いVISAを選ぶことになるので、VISAを選ぶ人も増えていきます。

中国銀聯が使用者を増やしても現在VISAが使える店がVISAでの決済を止めるとは考えられないので現在VISAを持っている人はそのまま使い続けると思います。

なので中国銀聯の台頭によってVISAの持つネットワーク効果が失われることは無いと考えられます。

 

仮想通貨が与える影響については正確な事は何も分かりませんが、社名にブロックチェーンと付いただけで株価が暴騰したりするということがあるみたいなので、仮想通貨を買ってる人たちが決済手段としての仮想通貨の有用性を買ってるというより値上がりを期待して買ってるだけと考えられます。

また仮想通貨はボラティリティが高く、使える店も限られているので通常の決済手段としては信頼性に欠けます。

なのでVISAの持つブランド力が仮想通貨の影響によって損なわれることは無いと思います。

 

まあ本当のことを言うと餃子の王将でもクレジットカードが使えるようになっているのを見たのが決め手です。今やクレジットカードは金持ちの持ち物で無く完全に庶民の生活に溶け込んでいると餃子の王将で実感したのです。

王将でどれだけの人がクレジットカードを使うか分かりませんが、生活費特に光熱費や通信費やETCの支払いと言った交通費は基本クレジットカードで決済するし、スーパーとかでの買い物にクレジットカードを利用する事も増えて来ていると思います。不況の時でも光熱費が大幅に減るとは考え辛いし、スーパーで買い物しなくなるとは思えないので利益は確保出来るのでは無いでしょうか。 消費の総額自体は横ばいでもクレジットカードによる決済額が増えれば収益は確保出来ると思いますし、実際使える店もドンドン増えて行っているのでそのあたりは希望が持てます。

 

 

具体的な投資時期については純金積立の解約が済んでからなので2月頃かなと予定しています。

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村