基本に立ち返る 投資方針の見つめ直し

 

投資方針を無視し、迷走している感じがしているので、これを機に基本に立ち返り投資方針について今一度考えてみたいと思います。

 

1.VOO+VXUS+米国配当貴族5銘柄への配当再投資

 

2.相場に居続ける

 

当初立てた方針とは若干変わっていますが、ざっくりと上記の2点です。

 

ではこれの方針に照らして現在の私はどうかというと、明らかに違う銘柄に投資しようとしてます。VISAです。その他ディズニーとか最近ではSPXLも気になり出してます。

 

SPXLは他所に置いとくとして、VISAやディズニーが有望であることは言うまでも無いですが、それと私の投資が報われることとは別です。

VISAやディズニーも増配率は素晴らしいですが、大した配当利回りではなく、キャピタルゲインを狙っての投資という事になります。そうなると現在の株価に対して企業の本質的価値が高いか低いかを考えなければいけないと思います。

 

そしてそんなこと考えてもよく分からないからこそ歴史的に証明されているS&P500インデックスと配当貴族へ投資することにしたはずです。

 

仮にそれで買わなかった銘柄が値上がりしても別に損するわけでもないのでいいはずです。自分以外がどんだけ得をしていた所で私には関係の無い話です。

 

もし次に買うとしたらVISAでは無くJNJのはずです。

 

購入時期と一度の取引金額ですが、ボーナス時期に1銘柄20万ぐらいと書いてましたが、正直これは大して重要では無い気がします。

NISA口座で取引する限りは手数料負けすることも無いので、特に問題ありません。

それよりも相場に居続け買い増しし続ける事の方が重要です。

 

それに長期投資で年間2回しか取引しないとすると何もすることが無く、それなのに情報だけ入って来るのでストレスが溜まります。何かに投資したくてたまらなくなります。だからわけの分からないことをやり始めるのです。

 

それならNISAの枠内であればいつでも買っていいとした方がいいです(特定銘柄に偏り過ぎるのはNGですが)。

 

なのでVISAを買う予定だった資金でJNJを買うことにします。

 

 

 

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村