朝型の習慣を身に付けるにはどうすればいいか

最近は朝5時に起きて1時間程英語の勉強をしている。

言うまでも無く、12月のToeic試験の為である。

Toeicの意味とか、英語の有用性とか英会話の勉強とかそんなことは考えない。

考えるとしても試験後でいい。

そうじゃないと何か字幕無しで映画を見ようとしてみたり、洋楽を聞いてみようとしたり(普通に聞く分にはいいけど、勉強としては無しだ)試験に関係ない事をし始める。

さもなければ行動する気力が無くなったりする。

 

習慣を続けるには出来る限り意志の力を減らさないようにルーチンで出来るようにしたい。

ジムに行く日に着替えとプロテインを入れたカバンを車に放り込むのと同じような事だ。どんだけジムに行きたくないと思っていても、筋肉痛が無い限りジムに行く準備をする。考えちゃいけない。とにかく行くか行かないかは別にして準備はする。

それが筋トレが続いている要因の一つだと思っている。

 

 

元々5時半には起きていたから時間的に辛いという事は無い。

今までユーチューブを見てたのが英語の勉強に代わっただけだ。

ただ勉強を始めるには意志の力がいる。

スマホをいじっているだけで見れるユーチューブとは違い、明確な意思が必要だ。

(何ならスマホをいじるのもまあまあ中毒性のある行為だ。)

だから勉強する為だけに意志の力を集中出来るようにしたい。それ以外は機械的にこなしていく。 

 

朝起きる為には、前日から備えておかなければいけない。

朝起きる為に前日から意志を使わずに出来る単純な行為は何かと言えば、アラームをセットすることだろう。

 

家に着いて荷物を下ろしたりした後すぐに、アラームを5時にセットする。

今まで土日はアラームをセットしないか7時ぐらいに鳴るようにしてた(ジムに行く為である)けど、多分これは良くない事だった。土日がどうのとか、ここで忖度を入れてはいけない。

あくまで毎日機械的に作業することが大事だ。

 

次に朝起きてからする単純な行為は湯を沸かす事だ。

朝はコーヒーを飲みたい。

湯を沸かし、コーヒーを煎れる。

これはほとんど頭を使わずに出来る。

だから起きた瞬間何も考えずに行動に移せる。

そしてカフェインを摂取するという報酬があるというのも習慣を継続するには重要だ。

 

そして肝心の勉強を開始するわけだけど、ここで一番意志を要することになる。

だから参考書とか単語帳とか問題集は机に既に出して、ページを開いておくなりしといた方が良いかも知れない。

少なくとも問題集を取り出すまでに工数が出来るだけ掛からないようにしておく必要はあるかも知れない。

 

勉強を始める為に机の掃除からしなければいけなかったりすると途端に面倒になる。

だから文房具を入れる箱なり、爪切りとか衛生類を入れる箱なりを用意して気が付いた時にでも定期的に定位置に戻すようにした方が良い。

定位置が決まって無いと、片付ける時に考える必要が出てくる。

綿棒もすぐ取れる場所に置いておく。

耳が痒くなったらすぐに耳を掻けるようにするためだ。

耳が痒くなって綿棒が近くに無いと勉強に集中出来なくなる。

 

起きれなくても自分を責める事は無い。

起きれない位疲れが溜まっていたんだろう、その日はビタミンを多めに取って早めに寝て次の日早く起きれるようにしたらいい。

自分を責め始めると行動をする気力がなくなる。